身近な人、大切な人を亡くした「痛み・傷み」と向き合いながら、互いにつながり、支え合って、ともに歩んでいく。そんなことが当たり前にできる社会が、わたしたちの希望です。

『全国自死遺族総合支援センター』は、自死・自殺で身近な人、大切な人を亡くした人が、偏見にさらされることなく悲しみと向き合い、必要かつ適切な支援を受けながら、その人らしい生き方を再構築できるように、総合的な遺族支援の拡充をはかり、もって誰にとっても生き心地のよい社会の実現に寄与することを目的として2008年に設立された特定非営利活動法人です。遺族の声に耳を傾け、当事者である遺族自身も、専門職も、ボランティアも、行政からも、民間からも、立場や分野を超えて力を出し合っていこうと行動しています。2011年より、支援の対象を自死遺族だけでなく、死因によらず支え合っていこうと活動の幅を広げています。

注: 自死・自殺の表現について、当センターはどちらかに統一するのではなく、丁寧な使い分けが大切と考えています。
詳細→「自死」と「自殺」2つの表現について

ニュース

2019/9/18
【10/26】認知行動療法ワークショップ キャンセル待ち受付中

10月26日(土)の「死別の悲しみと共に生きる~認知行動療法の手法を使ったワークとわかち合い」は定員に達しましたがキャンセルがあった場合のために、キャンセル待ちを若干名受け付けています。

※キャンセルをされる方はなるべく早めのご連絡をお願いします。

2019/9/16
第2回「自死遺族を支えるために~トーク&交流会」開催のお知らせ

9月は自殺対策強化月間として様々な企画が各地で行われていますが、自死(自殺)を身近なこととして受けとめることは、容易いことではありません。


この集まりでは、当事者のお話を聞きながら遺された方々を支えるために私たちには何ができ るか、共に考える場としたいと思います。


日時 2019年9月27日(金)14~16時
場所 東京都大田区役所本庁舎9階902会議室
内容 1)家族の死を経て、思うこと ~配偶者や子どもを亡くした方が体験を話されます。
2)死別の悲しみに寄り添うとは ~悲嘆支援の基本について学びます。
3)ディスカッションと交流
主催 大田区
申込・問合せ 大田区健康医療政策課 03-5744-1728
企画協力 NPO法人全国自死遺族総合支援センター


詳細はこちらをご覧ください。

2019/8/26
9月の遺族の集い~わかち合いの会

2019年9月に開かれる「身近な人、大切な人を自死・自殺で亡くした方のつどい」と「さまざまな原因で身近な人、大切な人を亡くした方のつどい」の日程を更新しました。 各地の遺族の集い日程はこちら

9月の「身近な人を亡くした子どもとその家族のつどい」は9月23日(月・祝)の開催です。参加にはお申し込みが必要です。 詳しくはこちらをご確認ください。


2019/8/8
東京都品川区でわかちあいの会が始まりました

新しく東京都内品川区でも自死遺族のわかちあいの会が始まりました。
品川区主催、そしてNPO法人全国自死遺族総合支援センターが開催のお手伝いをしておりま す。
場所は、京急新馬場駅北口の品川保健センター、区民だけでなく、どの地域の方もご参加いた だけます。
詳細はこちらをご覧ください。


2019/7/26
8月の遺族の集い~わかち合いの会

2019年8月に開かれる「身近な人、大切な人を自死・自殺で亡くした方のつどい」と「さまざまな原因で身近な人、大切な人を亡くした方のつどい」の日程を更新しました。 各地の遺族の集い日程はこちら

8月の「身近な人を亡くした子どもとその家族のつどい」は8月18日(日)の開催です。参加にはお申し込みが必要です。 詳しくはこちらをご確認ください。


2019/7/23
【8/31】認知行動療法ワークショップ キャンセル待ち受付中

8月31日(土)の「死別の悲しみと共に生きる~認知行動療法の手法を使ったワークとわかち合い」は定員に達しましたがキャンセルがあった場合のために、キャンセル待ちを若干名受け付けています。

※キャンセルをされる方はなるべく早めのご連絡をお願いします。