過去のニュース

2014/12/11

【スタッフ研修のお知らせ】終了

自殺対策基本法の第1条目的において、遺された人への適切な支援の必要性は明記されており、神奈川県内各地の取り組みも数年の積み重ねを経てきました。事業を継続してきた中で直面する課題の整理も必要な時期になっているように思います。この度平成26年度神奈川県地域自殺対策緊急強化交付金事業として「遺族支援にかかわるスタッフ研修」開催の運びとなりました。

遺族支援に関わっている職員、民間団体スタッフ、これから関わろうとされている方々のご参加を心よりお待ちいたします。

テーマ「死別の悲しみに寄り添う」

日時

日時:2015年1月20日(火)13:00~16:30

場所 貸し会議室シアル2階D会議室
(JR桜木町駅下車3分)
内容 講義と演習~理論と課題の検討
「自殺対策における遺族支援」
「死別の悲嘆とは」
「支援の現場における諸課題~かかわる
自分自身の 課題・組織の課題・社会の課題」
講師 鈴木康明(東京福祉大学大学院教授)
杉本脩子(NPO法人全国自死遺族総合支援センター代表)
対象 遺族支援にかかわっている行政職員、
民間団体スタッフ
これからかかわろうとしている方
参加費 無料
主催 NPO法人グリーフサポートリンク
<全国自死遺族総合支援センター>
申込 メールまたはFAXでお申し込みください。
NPO法人グリーフサポートリンク
<全国自死遺族総合支援センター>
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋2-8-5 多幸ビル九段5階
FAX:03-3261-4930
メール:office@izoku-center.or.jp
お問い合わせ電話番号:080-5428-4350

2014/9/9

【ワークショップと講演会のお知らせ】終了

子どもたちの悲しみに寄り添う  

~ダギー・センターモデルから学ぶ遺族支援~

大切な人を亡くした子どもとその家族の支援に長い歴史を持つダギー・センター(アメリカ・オレゴン州・ポートランド)の、ドナ・シャーマン所長による講義と実践的なワークショップを開催いたします。

当センターによるダギー・センター研修は、今回で4回目となりますが、この間、研修を受けた方たちが中心となって、各地にいくつかのグループが誕生したり、準備を始めたりと着実に歩みが進んできています。

今回のテーマは、ずばり「子どもたちの悲しみに寄り添う」です。

1991年からダギー・センターCEOとして精力的に活動しているドナ・シャーマンさんが、「悲しみに寄り添う」という核心についてどのように話されるのか、ワークショップで取上げられるのか、大変楽しみです。

子どもたちへの支援活動が、より広く、より質の高いものとなるように、理論と実践に役立つスキルをご一緒に学びませんか。

【ワークショップ】

日時

117日(金)10:0016:30
118日(土)10:0016:30

講師 ドナ・シャーマン(ダギー・センター所長)
通訳 岩本喜久子(カナダ・ブリティッシュコロンビア州認定ソーシャルワーカー)
会場 飯田橋レインボービル(JR飯田橋駅西口徒歩5分)
対象 遺児・遺族支援に関わっている人、これから関わる人
参加費 2日通して10,000円(申し込み後に支払方法はご案内します)
定員 先着45名 ※ 原則として2日間参加できる方
主催 NPO法人グリーフサポートリンク<全国自死遺族総合支援センター>
申込 お名前、連絡先、メールアドレスをご記入の上、お申し込ください。
NPO
法人グリーフサポートリンク
<全国自死遺族総合支援センター>
102-0072
東京都千代田区飯田橋2-8-5多幸ビル九段5F
NPO
法人ライフリンク内
電話:080-5428-4350
FAX
03-3261-4930
メール:office@izoku-center.or.jp

【講演会】

テーマ 「子どもたちの悲しみに寄り添う」
日時

11月9日(日)14:00~16:30

講師 ドナ・シャーマン(ダギー・センター所長)
通訳 岩本喜久子(カナダ・ブリティッシュコロンビア州認定ソーシャルワーカー)
会場 全水道会館会議室(JR水道橋駅東口 徒歩2分)
対象 広く一般
参加費 1,000円(当日会場にてお支払いください)
定員 先着100名
主催 NPO法人グリーフサポートリンク<全国自死遺族総合支援センター>
申込 お名前、連絡先、メールアドレスをご記入の上、お申し込ください。
NPO
法人グリーフサポートリンク
<全国自死遺族総合支援センター>
102-0072
東京都千代田区飯田橋2-8-5多幸ビル九段5F
NPO
法人ライフリンク内
電話:080-5428-4350
FAX
03-3261-4930
メール:office@izoku-center.or.jp

>詳細(PDF)



2014/02/13

合宿形式によるワークショップ
「自死遺族支援の現場から~現状と課題」開催終了

当センターでは、2008年から合宿形式ワークショップを各地で
開催してきました。今年で7回目になります。
今回は日本の真ん中あたりになるでしょうか、浜名湖の絶景が
広がる湖上の宿、かんざんじ荘で、地元浜松市での活動報告や、
参加者による情報や意見交換をし、改めて自殺対策基本法成立
から8年、今後の遺族支援のあり方を考えていきたいと思います。

そして「『自殺っていえなかった』出版から10年たって思うこと」と
題して山口和浩さんのお話を伺いながら、それぞれにとってのこの
10年も振り返って見つめなおしてみませんか。

遺族支援にかかわっている、またはこれからかかわろうとする
方々のご参加をお待ちしております。

日時

6月28日(土)15:00~6月29日(日)12:00

場所

浜名湖かんざんじ荘
〒431-120静岡県浜松市西区呉松町 1768-1
TEL 053-487-0330
http://www.kanzanji.com/facilities
※シャトルバスは利用日2日前までに各自予約ください。

内容

「自死遺族支援の現場から~現状と課題」
1日目
● 講演
「浜松市における自殺対策・自死遺族支援」
佐々木 浩則 (浜松わかち合いの会)他
● 「自死遺族支援の現状と課題について」
各参加者・参加団体の活動報告とディスカッション
● 懇親会

2日目
● 講演
「『自殺って言えなかった』出版から10年たって思うこと」
山口 和浩(当センター理事・」
NPO法人自死遺族支援ネットワークRe代表)
● フリーディスカッション「それぞれにとってのこの10年」

対 象   遺族支援に関わっている人、これから関わろうとしている人
定員 40名
参加費 無料 
宿泊代として3人部屋(風呂なし)11,000円/
4人部屋(風呂有り) 14,000円/
  宿泊なし夕食のみは4,000円
主催 NPO法人全国自死遺族総合支援センター
共催 NPO法人ライフリンク
後援 浜松市
申込 別紙申込書にて6/16(月)までにファクス・
メールにてお申込みください。

NPO法人全国自死遺族総合支援センター

FAX
03-3261-4930
メール:office@izoku-center.or.jp


2014/02/13

【連続研修会のお知らせ 】「健全な自己像~セルフイメージを育てる」 終了

セルフイメージ~自己像とは少々聞きなれないかもしれませんが、一般的には
自己肯定感、自尊心、もっとも平易な表現をすれば自信です。

人に関わる仕事をする時、受けとめる力が不足して他者受容が出来にくい、
余裕のないことがあります。

他者受容の力は、自己受容の力に比例すると言われており、この研修は
「コミュニケーションについての理解」、「傾聴の技法」、「自己との和解」などを
キーワードに、講義と演習により自己受容の力を増やすことを目的としています。

元々はカウンセラーの心の健康のための学びですが、自殺対策・自死遺族支援
活動の質を高め、従事する者の心の健康に役立たせたいと思います。

昨年10月に横浜市で開催したところとても好評でしたので、今回は内容さらに
充実させての開催です。
連続2回ですが1回のみの参加もOKです。ご参加をお待ちします。

日時

【2014年】
3月12日(水)13:30~16:30
3月19日(水)13:30~16:30

会場

飯田橋レインボービル会議室

JR「飯田橋」駅西口から徒歩6分

地下鉄 (地下鉄はB3出口)
有楽町線/南北線「飯田橋」駅から徒歩5分
東西線/大江戸線「飯田橋」駅から徒歩9分

講師 鵜戸西 努 
NPO法人グリーフサポートリンク<全国自死遺族総合支援センター>理事/
NPO 法人チャイルドラインみやざき代表/宮崎市郡医師会病院カウンセラー
内容

第1日目 
「セルフイメージとは」(自分の知り方/性格のタイプ/自己表現と自己主張)

 第2日目
「交流分析」(エゴグラム/やりとりの分析/ストロークとディスカウント/人生脚本 禁止令と禁止令解除/セルフイメージを育てる)

対 象   自殺対策・遺族支援に関わっている人、これから関わる人
定員 40名
参加費 無料
主催 NPO法人グリーフサポートリンク<全国自死遺族総合支援センター>
申込 メールかファックスで、下記宛にお名前と所属を添えてお申込ください。

NPO
法人グリーフサポートリンク
<全国自死遺族総合支援センター>

FAX
03-3261-4930
メール:office@izoku-center.or.jp


2014/2/26

東京都自死遺族相談ダイヤルのお知らせ 終了

3月は東京都の自殺対策強化月間です。
その一環として下記の通り自死・自殺により家族や大切な人を
亡くされた方のための電話相談が行われます。
こころの悩みや生活のことなどでお困りの方はご相談ください。

●3月10日(月)~12日(水)電話03-3261-4350 03-3953-1455
(協力:NPO法人全国自死遺族総合支援センター)

●3月13日(木)~16日(日)電話03-3796-5453
(協力:NPO法人グリーフケア・サポートプラザ)

時間はいずれも、10時~22時です。